プロカメラマンとアマチュアの差とは?

プロカメラマンとアマチュアの差とは?

プロカメラマンに写真撮影を依頼したいという人は年々増加しています。スマートフォンのカメラで簡単にキレイな写真が撮影できるようになった現代だからこそニーズが増えています。

その理由はアプリで簡単に加工・レタッチできたとしても、写真自体のクオリティが低ければ、それなりの仕上がりにしかならないからです。

だからこそプロのテクニックを求めるわけですが、どこがいったい違うのでしょうか?見ていきましょう。

プロとして確かな手応え!
プロカメラマン養成講座公式HP

どこで差ができるのか?

プロカメラマンという定義は曖昧ですが、一般的にはカメラマンを生業としている写真撮影のプロフェッショナルのことを言うと思います。

依頼者・クライアントの求める写真、あるいはそれ以上の写真を確実に撮影してくれる存在です。プロカメラマンの撮影する写真はアマチュアとどうして差が生まれるのか気になりますよね。

例えばカメラ・レンズなどの機材の差でしょうか?デジタルカメラが一般化した現代では、プロ顔負けの機材を揃えるアマチュアも少なくありません。

プロカメラマンの撮影がアマチュアと違うのはミスショットが少ない、撮影現場での対応力が高いことです。

ミスショットが少ない

せっかく撮影した写真がピンボケしていた、ブレていたということはだれしも経験があると思います。

これは被写体のちょっとした動きで発生してしまう失敗ですが、プロカメラマンはその失敗を最小限にとどめられるのです。

満足できる写真を多く撮影できれば、結果的に撮影時間も短くできます。それに成功した写真が多いということは数多くの中から選ぶことができるので自然と自分の気に入ったものを手に入れる可能性が高くなります。

対応力が高い

写真撮影の対象になるものは人・自然・動物・乗り物など、人の目に見えるものすべて。当然、プロカメラマンといえども得意・不得意な分野があります。

しかし、さまざまな現場で培ってきた経験・ノウハウを活かした対応力を発揮できるのも、プロカメラマンならではのスキルと言えます。

現場の状況とクライアントのニーズを踏まえ、当日必要な機材を前もって準備しておくのは当たり前になります。たとえ突発的な出来事が発生したとしても、柔軟に対応できるだけの引き出しを持つのがプロカメラマンです。

どんな状況であっても確実に使える写真を撮影してくれることができる、それがプロカメラマンとアマチュアのもっとも違う点でといえるでしょう。

プロとして確かな手応え!
プロカメラマン養成講座公式HP
TOPページを見る