カメラマンの仕事は?

カメラマンの仕事は?

雑誌や新聞、ポスター、カタログ、WEB広告など、多くの場でカメラマンの撮影した写真が使われています。

しかし、どんな仕事内容をしているのかわからない部分も多いのかなと思います。

実際に自分がカメラマンとして働くことになるので、そのイメージをわきやすくするためにもどういう仕事なのかを理解してもらうために調べてみました。

プロとして確かな手応え!
プロカメラマン養成講座公式HP

カメラマンとはどういう仕事?

カメラマンとは、写真を撮影することを仕事としている人のことを指します。

雑誌や新聞などに代表される写真を撮る人をカメラマンと呼びますが、映画やテレビなどの動画を撮影する人もカメラマンと言われています。

なのでわかりやすくするためにもフォトグラファーという言い方をされることも多いです。

カメラマンの仕事はひとことでいえば写真を撮影することです。しかし、もちろんただ単に写真を撮ればいいという訳ではありません。

カメラマンは大きなくくりで、クライアントからの依頼によって商業利用を目的とする写真を撮影するカメラマンと、写真集を出したり個展を開き作品を販売することで収入を得ているアーティストとしてのカメラマンの2つに分けられます。

前社の場合は、クライアントの意向や目的、意図に合わせた写真を撮ることが求められます。撮影の技術はさることながら、クライアントの要望を理解し形にする力やセンスが必要です。

アートな写真を撮るためにはコンクールで優勝など関門が狭いです。では一般的にどんな写真を撮っていることが多いのでしょうか。

広告写真

雑誌やポスター、パンフレットなど、広告用の写真を撮影するカメラマンです。撮影スタジオや屋内外のロケ地で撮影を行います。

広告用の写真といっても、人物、建物、車、料理などさまざまなジャンルがあり、たいていのカメラマンは得意とするジャンルを持っています。

人物を撮影するときはコミュニケーションも必要となってきますので、高いレベルのコミュニケーションスキルを持っているケースが多いです。

ウェディング写真

結婚式や披露宴の会場で、新郎新婦やゲストを撮影するカメラマンです。一生に一回の替えがきかないイベントですから、絶対に失敗することはできません。

当日の進行をしっかり頭に入れて、重要なシーンを逃さないように最高の写真に仕上げなくてはなりません。新郎新婦やゲストを盛り上げて最高の笑顔を引き出す役目もあります。

プロとして確かな手応え!
プロカメラマン養成講座公式HP
TOPページを見る