プロのカメラマンになる方法

プロのカメラマンになる方法

一般的にカメラマンというのは技術職ということで知られています。多くの人が感じているのは職人と同じようにたくさんの下積みを積まないといけないと思われているところです。

プロカメラマン養成講座に通えばそんな時間はなくすことができるのですが、多くのカメラマンは未だに職人修行と同じような下積みをしています。

ではどんなことをしているのか見ていきましょう。

プロとして確かな手応え!
プロカメラマン養成講座公式HP

プロのカメラマンになるためにすることは?

では、具体的にプロのカメラマンになるためにはどんなことをすればいいのでしょうか。そこを追っていきます。

カメラマンになるためのルート

カメラマンになるためには、写真に関する知識や技術を学んだ後に、プロのカメラマンのアシスタントや撮影スタジオ、制作会社などに就職して実務経験を積むのが一般的となっています。

写真に関する知識や技術は、専門学校や大学などの写真学科で学ぶことができます。4年間じっくり学ぶことができる大学と違い、2~3年間の専門学校は、講義より実習に力を入れていることが多いみたいですね。

基本的な知識や技術を習得したら、プロの元や撮影スタジオに所属して修行をします。撮影現場でプロの技術を勉強し、経験を積んで一人前のカメラマンを目指します。また、仕事に必要な人脈も築いていきます。

他にも、新聞社や出版社、広告代理店、デザイン会社、撮影関連会社、通信販売などにカメラマンとして就職する方法もあります。このようにキャリア形成をしていき独立となります。

長い時間をかけるのは無意味

プロカメラマンになるためには特別な資格はありませんが、写真に関する知識や技術が必要です。多くの人は専門学校や大学で写真の基本的な知識や技術を習得し、企業に就職するか、プロのカメラマンや撮影スタジオに所属して実務経験を積み、一人前になります。

この期間はどう考えても10年以上くらいは短く見積もってもかかると思われます。そんな時間をかけないといけないのかというと実はそうでもありません。

今までこれしかなる道がありませんでしたが、プロカメラマン養成講座を受ければ最短で30日でプロカメラマンになることは可能です。

大事なのはお客様からお金を貰えて収入を得ることができること、キャリアやスキルはあることにこしたことはないですが、それよりも大事なことはあるんです。それを学んで最速でプロカメラマンになりませんか?

プロとして確かな手応え!
プロカメラマン養成講座公式HP
TOPページを見る